-Pre Event-
ZAO EXPO'22

ZAO EXPO'22 プレイベント開催!

2022年
2月6日
​みやぎ蔵王 遠刈田温泉

~大道芸的パブリックシンポジウム~
「その場で表現すること、そこで表現すること」

Pre-ZAOEXPO.png

What means?
"Express on the Spot"
"To be Expressed There"

アーティストインレジデンス


東北ではまだまだ馴染の少ない言葉です。

外から人がやってきて何かを表現することで、地域の人が何かに気付き、そこから何かが変わっていく。
明確なゴールや目標が存在するわけでもなく、そこがただただ「文化のミクスチャー」として存在するだけ。

中々言葉では伝わりづらい部分もあるので、「アーティストインレジデンスってなんだろう?」と言うのをみんなで体験する企画です。

 

もちろん、参加検討中のアーティストのみなさんにはリサーチも兼ねてのツアーとして、
興味のある方に対してはその場で起きることを楽しむイベントとして、

 

そんなハイブリットなイベントが「Pre ZAO EXPO'22」です。

"Artist in Residence"
This word is still unfamiliar in Tohoku.

By having people from outside come and express something, the local people notice something and something changes from there.
There is no clear goal or target, it just exists as a "Cultural Mixture".

 

It's hard to convey in words, so we thought it would be a good idea for everyone to experience

"What is an Artist-in-Residence?".

This is a project for everyone to experience what it means to be an artist-in-residence.

Of course, it will be a research tour for those artists who are considering participating.
For those who are interested, it will be an event to enjoy what happens there.
"Pre ZAO EXPO'22" is such a hybrid event.

Event Summary
イベント概要

【日時】

2022年2月6日

みやぎ蔵王 遠刈田温泉

(神の湯前イベント広場)

●プレイベント

13:00 APE TOPE

14:30 AIRシンポジウム (ゲスト:タノタイガ) ※

15:15 劇団「短距離男道ミサイル」

16:00 kiocamo

※全てのプログラムはYoutube配信も行います

●Pre Event

13:00 APE TOPE

14:30 AIR Symposium (Guest: TANOTAIGA)*

15:15 Theater Company "TANKYORIDANDO Missile" Performance

16:00 kiocamo

※All programs will also show by Youtube.

Click here!!

Jump to Youtube streaming site.

Youtube配信サイトに飛びます

【参加アーティスト】

Participating Artist

​劇団短距離男道ミサイル

272407031_316659747076672_6026961277171175218_n.jpg

2011年4月、

東日本大震災直後に「仙台、東北、そして日本を笑顔にしたい」

という想いの元、仙台の若手男性俳優(当時)によって結成された劇団。

東北の風土・歴史を下敷きに、男達の生命力から繰り出される瞬発力・爆発力を用いて、

地ビールならぬ”地演劇“を届ける。その特異なスタイルによって生み出される作品群は、

“テンションとエモーションにおいて世界レベル”と評される。

全国規模で活動を展開しながらも、地域のアウトリーチ事業にも積極的に取り組む。

学校や児童館への芸術家派遣事業、文化施設と連携したコラボパフォーマンス、

音楽ライブや地元のお祭りといったあらゆるジャンルのフェスティバルへ出演するなど、

その活動は多岐に渡る。

​「シンポジウムパネリスト」

タノタイガ(TANOTAIGA)

メディアを問わない多様な表現手法によって、

現代社会における制度やルール、法律などをテーマに、

記号性と媒体性を誇張したアイロニカルな風刺的表現をおこなう。

主な展覧会に「15min.ポートレート2008-2020」(Gallery TURNAROUND/2020)、

「ルイジトコトナリ」(はじまりの美術館/2020)、「あそびのじかん」(東京都現代美術館/2019)、

「札幌国際芸術祭SIAF」札幌市/2017)、

「3・11とアーティスト: 進行形の記録」(水戸芸術館現代美術センター/2012)、

「青葉縁日2」(せんだいメディアテーク/2007)、「アートみやぎ」(宮城県美術館/2007)など。

「DJ」

​THE APETOPE

ape.jpg

関本欣哉、中里広太によるDJユニット。

仙台を拠点に2014年活動開始。

NEONOISISM ORGANIZERS所属。主にフィールドレコーディングした音源やノイズを使用したDJスタイルで、

Occupy Wall Streetで見られる「We are the 99%」をスローガンに活動している。

公園での不定期ライブのほか、ダンサー、美術家、花道家、映像作家など他者とのコラボレーションも多く、

2017年、2019年には台北の美術展示会会場でライブを行い高い評価を得ている。

「DJ」

​kiocamo

kiocamo.jpg

宮城県白石市出身。

2022年からDJ活動をスタート。

​コミュニケーションを楽しみ、主にJ-popを中心に自身のアイデンティティをユニークな感覚でミックスさせ、人間の感情を表現する。